2019年1月アーカイブ

2019年1月18日

今でも忘れられない中国人が愚痴る美容室!

私はその日、妹に用事がありました。妹の家に行く用事があり、その帰りに髪を切りたいなと思っていたので、美容師に寄って来たのでした。そこは始めて行く美容室で、雰囲気はいい感じだったのです。受付の人も「いらっしゃいませー」と感じよく接客する優しそうな方だったし、2人くらいカットをしているスタッフがいましたが、どちらもいい人そうに見えました。あまり派手すぎない美容室の感じも落ち着き、最初は「居心地良さそうだな」とか今考えるとありえない印象を持ちました。
私はしばらく雑誌を見て、どんな髪型にするのか考えていたのですが、そんなときに声をかけられました。すごくしゃべり方が独特な人で、しかし最初はそんなにしゃべっていないかったので、彼女が日本人じゃないということにすぐには気が付きませんでした。顔はどう見ても日本人のようでしたしね。私はその人に「この髪形で!」とショートにカットしてくれるようにお願いしました。基本的に私は雑誌を見て髪形を決めるタイプなので、いつも通りのやり方でのオーダーでした。こうして私はカットしてもらうために席を移動したのでした。
その後、私はこのお店に来たことを後悔しましたね。髪型にはまったく問題はありませんでした。なかなかカットの腕はあったように思います。問題はこの美容師さんの接客対応です。最初はちょびっとしゃべるくらいだったのですが、ちょっと私が話したら途中から美容師さんのしゃべりが止まらなくなって、マシンガントークの被害に遭いました。
この時点で私はたじろいだのです。日本語は上手でいろんな言葉が出てくるのですが、しゃべり方がかなりカタコトでこの人が中国人であることはすぐに気が付きました。そこはいいでしょう。外国人だからといって、変な差別意識はありません。問題は話しの内容です。彼女はなんと「仕事が大変」という話から、どんどん仕事に対する不満を客である私に話してきて、愚痴が止まらなくなったのです。
美容師さんが愚痴を客に話すなんてNGだと思います。しかも美容師という職業を安月給だなんだとけちょんけちょんに悪く言っていたし、周りの一緒に働くスタッフの反応を見るのが怖かったです。ハラハラしながら私はその話を聞いて、「そんなこと言っていいのー?」とすごく焦りました。なぜか話している本人よりも私がひやひやしました。この美容師さんは半分くらい仕事の愚痴を言っていたからです。
結局最後は愚痴を聞いてぐったりして帰りました。美容師さんはものすごくスッキリした顔で、「また来てくださいねー(カタコト)」と言ってきたけど、「二度と来るもんか」と私は思いましたね。お店に言いたいことは「いくらなんでももう少しましな外国人を雇って!」ということです。もうこんなに二度とごめんだと思いました。今通っている美容室はすごく穏やかな接客対応で、落ち着きます。愚痴を言われることはまずないし、穏やかな雰囲気がお気に入りです。

こんな不自然な髪型はあり得ない!

都会の一人暮らしから地元に帰ってきたのですが、地元から長く離れていたために、どの美容院に行ったらよいのかまったくわからず、田舎なので情報もないため、自分でなんとかカットとカラーをしていました。
しかしやはり自分でやるのには限界を感じて、一度プロの手できれいに整えてもらおうと思い、自宅近くの料金が安い美容院に予約。どんな美容院でも私が自分で切るよりは上手くやってくれるだろうと期待していました。

入店してみた印象は、低価格の店ともあってそれほどおしゃれな感じはしませんでしたが、スタッフの人たちは感じが良く、田舎の店のおばちゃんながら丁寧に対応してくれて安心していました。

白髪が気になっていた私は白髪染めのカラーと、かなりの長さがあったロングヘアーをミディアムぐらいの長さにしてもらえるようオーダーしました。そこにいたスタッフの髪型がなかなか素敵だったので、その人のような感じになるようにお願いしました。そのときの私の髪は少し明るめで、明るいままにしたかったので明るく仕上がる白髪染めカラーをオーダー。普通の白髪染めよりは金額の高いメニューでした。

カットして長さは希望通りになりましたが、私は髪の量が多いためにかなり重い印象に。なのでレイヤーを入れて軽くして下さいと伝えたのですが、施術されるうちにどんどん不安になっていきます。今まで体験したことのないような切り方で、ガンガンと大胆にハサミを入れられるので怖くなりました。
仕上がった髪型は、スカスカに髪が少なくなった、まるで昭和のヤンキーのようなヘアースタイル。大袈裟すぎる段が入り、薄くなりすぎた毛先にショックを受けました。
カラーもそれまで気に入っていた明るめの色からだいぶ暗くなった色でがっかり。せっかく金額の高いメニューをわざわざ選んだのに、黒髪に近い色になってしまい悲しくなりました。外に出てみればもう少し明るく見えるかもと期待しましたが、やはり黒髪に近いので期待はずれに終わりました。

その店のスタッフでおかしな髪型をしている人はいないし、地元でもそんな髪型をしている人はいません。なぜ私だけこんな仕打ちを受けるのか悔しかったです。田舎の美容院で知識やセンスがないということを通り越した、あり得ない不自然な髪型を客に施すなんておかしいだろう!と言いたかったです。そんなに高いレベルは求めていませんでした。ただ普通に整えてくれれば良かったのです。

結局その後、以前住んでいた都市の行きつけの美容院に行って直してもらいました。髪色も明るくなったし、あまり長さは短くなっていないのにきれいに整えてもらえて本当に感謝しています。やはり腕の良さ、センスの良さは大事ですし、こちらのイメージを理解してくれる人に任せるのが一番です。

アシスタントスタッフの技術が雑すぎる!

新しい土地に引っ越し、行きつけに出来る美容院を探していました。ネットで、場所、お店の評価、ホームページの感じなどを調べてとある店に行く事にしました。そのお店は髪のプランとネイル一緒にしてくれるプランが合ったので、事前の電話予約でカット、カラーとネイルのプランで予約をして行きました。お店に入っての店内は明るく、広いお店で特別オシャレと言う印象は受けませんでしたが清潔感と、スタッフの皆さんの明るい、いらっしゃいませの声に迎えられました。

ただお店に入ってすぐ、スタッフが多い印象がありました。まずは、シャンプーをしてもらいましたが、若い男性スタッフがやってくれましたが、雑で、力加減も荒い手つきでアシスタントなのかな?と思いました。その後、カットはとても手慣れた女性の方がしてくれましたが、カットまで30分近く待たされました。スタッフは多いのに、髪を切れるスタイリストの数は2人しかいないようで、その2人はとても忙しくお客さんをはしごしていました。カット後のカラーはシャンプーをしてくれた男性スタッフがやってくれましたが、手つきは不慣れな感じで、カラー後のスタイリストの女性のチェックでは明らかに指摘を受けているようでした。ブローも例の男性スタッフがやってくれましたが、丁寧とはほど遠いブローの仕方でとてもストレスでした。そ

の時点で、気分としてはとても不快でしたが、ネイル予約もあったので、ネイルを受ける事にしました。レジ横の小さなスペースにテーブルとイスが置いてあるようなお粗末な感じで、ネイルのセレクションもとても少なく、デザインもあまり選べないのが残念でした。ネイリストの技術も無難な感じでした。その後、その日お世話をしてくれた男性スタッフにお話をして行くうちにまだスタイリストではなく、修行中だということが分かり、心の中でやっぱりね!と思いました。家に帰り、鏡でカラーの感じをよく見てみましたが、むらだらけでとても残念な仕上がりでした。この美容室には、あれから戻っていません。

スタッフはフレンドリーでも、技術がとてもお粗末でとても残念でした。現在通っている美容室は、引っ越す前に通っていた行きつけの所に戻っています。とても遠いのですが、技術も間違いなく、スタイリストさんは毎回私好みに仕上げてくれ、とても丁寧にやってくださるのと、長年通っているため気ごころが知れているのでこちらの要求にも臨機応変に対応していただけます。とおくてもこの先も、この美容院に通い続けると思います。

「早い」という口コミはなんだったのか!・・・

私は元々美容室などに行くのはあまり好きではありません。なぜなら、長い時間拘束されるのとやプライベートな話を聞かれるのが嫌であること、またおいてある雑誌などが興味のない物であることが多いからです。そんなときにカットが早いと評判の美容室の話を耳にしたことから、問題の美容室に足を運ぶことになったのです。また、時間はかかるものの自宅から徒歩で30~40分で行けることも入店するきっかけでした。美容室自体は一見普通の2階建て住宅のように見える建物で、元々住宅だったものを改築したのか、それとも美容室と住宅の一体型として最初から立てたのかはわかりませんが非常に珍しいように思いました。

普通の玄関の扉のような入り口を開けると、右手が恐らく居住スペースの入り口で左手に美容室の入り口があります。美容室に入ると建物の外見や入口の奇妙さとは打って変わってごく普通の美容室という感じがしました。そのあとは普通に雑誌などを元にカットをお願いしました。オーダーの内容としては後ろの方を短く両サイドの耳を出さないようにしてくれと言うもので、最長の部分は顎くらいと一番近い髪型の雑誌画像を見ながら説明しました。この時点ではお店や店員さんに関して特に不満や疑問を持つことはありませんでした。問題はカットが始まってからです。趣味の合わない雑誌類や店員さんの答えにくい質問や会話はどこでもあることなので、さして気にはしていませんでしたが、とにかくカットの時間が長い。

聞いた話では1時間もかからずすぐ終わるとの評判だったのにあっと言う間に1時間以上たってしまいました。これでは何のためにこの美容室に来たのかわかりません。また、カットの途中から子供たちが多く入店したのですが、恐らく全員が客というわけではない様子で、店内の椅子に座っているもののかなり自由な様子なのが気になりました。これは店側の比ではないのですが、多くの子供に見られながら長時間カットされるのは苦痛でした。また、それだけ時間をかけた割に髪型もなんだか微妙な出来でした。とりあえずカットを担当した方には、「どうしてここまで時間がかかったんですか」と言いたいですね。また、店側については付き添いの方は外で待ってもらったりしたほうが良いのではないかと言いたいですね。立地上近くに時間をつぶせる店はいくつもありましたし。これらの出来事からその店には2度と行かなくなりました。また、現在通っているところは商業施設内にある美容室です。基本利用者以外の付き添いなどは店外で待つ形なのと、美容師さんたちの人柄が個人的に好みなので気にいっています。

予約をドタキャン・・・接客業を勉強してください!

その美容室は、インターネットでいろいろなサイトを見て探しました。ホームページを見て、メニュー内容だったりお店のコンセプトだったりを見て決めました。いちばんの決め手は、美容師さんが若い人ではなく同年代だったこと、こじんまりしたお店だったことでした。初めて行った日は大雨が降っていた夕方でしたが、先客が1名いました。時間に遅れてはいけないと思い、少し早めに行ったのですが、快く迎い入れていただきホッとしました。建物は古かったのですが、キレイな室内で色合いも白とオレンジで明るく、また大きな水槽があって、泳いでいる熱帯魚を見て待ち時間を過ごせました。初めてだったので、カットのみでお願いしたのですが、私がお願いした女性の店員さんは竹を割ったような感じの人で、気兼ねなく話ができたので良かったです。

肝心のカットもとても上手で、家で扱いやすいカットをしていただいて感動しました。その後、娘もお世話になるようになり、親子で通い始めたのですが、担当の女性美容師さんの言動の勢いが、回数を増すごとに激しくなっていきました。良い言い方をすれば、さっぱりした感じなのですが、最初はそう思えたのが、だんだんズケズケとものを言うようになっていきました。大人ならうまく受け流すとかスルーするとかできますが、子供に対しても同じように接するので、いつもどうしていいかわからずに、娘は毎回困ったような顔をしてカットされていました。それでも大きなチェーン店が苦手な娘は、人が少ないからいいと言うので親子で通い続けました。女性美容師さんもですが、男性店長さんもかなりの曲者で、私と女性美容師さんが話していると、自分もやっているお客様がいるのに、こっちの話に入ってきて話し始めたり、娘が切ってもらっている間、待っている私のことをジッと見たり、あまり居心地が良いとは言えない状態になってきていました。それでも、娘の小学校の卒業式に袴を着せたいと思っていたので、半年ほど前の夏頃に着付けと髪のセットをお願いしていたことを、年が明けて再度確認したところ、店がお休みだから無理だわと言われたのです。卒業式の2か月前にです。

それも卒業式は火曜日で多くの美容室がお休みでした。何とかお願いできませんかと言っても、できないの一言でした。笑いながら、早くどこか探さないと大変だよとも言われました。娘が泣きそうな顔をして私を見ていたのが今でも忘れられません。一度、予約したものをドタキャンするなんて信じられませんでした。帰り道、娘に、私もいろいろ探してみるねと言われ、本当に涙が出そうでした。お客との約束を何だと思っているのでしょうか。美容師としてはいい腕を持っているかもしれませんが、人として最低です。一言、すみませんなどの謝罪の言葉があったなら、こんなに怒ることもなかったと思います。技術を売っている職業なのかも知れませんが、接客業として人とのかかわりを大切にすることも大事なのではないでしょうか。キチンと人と向き合ってお仕事してほしいと思います。今、通っている美容室は、更にこじんまりとしたところで、女性の方がおひとりでされていますが、とても丁寧にやってくださるし、私の話も娘の話もちゃんと聞いてくれます。とても居心地が良いお店です。

リアップx5はまだ買うな!効果なし、効かない、その欠点を大暴露!

店員の爪がツンツンツンツン...気持ち悪い!

私が大学生であまりお金がなかったとき、美容院を探していたら、
美容系のサイトでクーポンが出ていたかなり安くなる初めてのお店を発見!
家から近いし、サイトの店の写真もいい感じ!とおもって行きました。
お店は雑居ビルの中。内装はサイトにのっている写真通りで結構綺麗でした。
そこには男性美容師が一人。見た目はちょっと...だけど、まぁうまければいいかなと。
ただ気になったのは私しかお客がいなかったこと。平日の昼間というところはありましたが。
ロングヘアの量を減らしてください、というようなオーダーをして、席につきました。
さて、カットが始まると、何かがツンツンツンツン...と顔に当たってきます。
それは、なんとその男性美容師の爪だったのです!
こんな経験初めてです。まさか男の美容師の長〜い爪が自分の頭に当たるなんて。。
髪をとかすたびに、その爪がスススーっと当たってきました。とても気持ち悪かったです。
でもその場では何も言えないし、我慢するしかないですよね。とにかく耐えるしかなかったです。
その美容師に言いたいことは、まず美容師なんだから爪を切れ!
そして爪を伸ばすのはいいけど、お客に迷惑かけないで!と言いたいです。
自分のファッションよりもお客がどう思うかを考えて欲しいですね。
さらに多分そこの美容院はその人がオーナーなので、今後どうなっていくのかなと思います。。
髪の毛は切れたのですが、そのイヤな思い出が強くて、なんだかすっきりできなかったです。
なんとも気持ち悪い体験でした。もう絶対に行きません。
まぁ、クーポンの値段も2000円くらいだったような気がします。安かろう悪かろうですね。
安すぎる美容院には注意しよう、と思いました。でも変な店員のことはなかなかわからないですよね、ちょっと怖いですね。
今の美容院は、まず今は子供がいるので、子供をつれていっても大丈夫なところにしました。
子供スペースがあって、おもちゃや絵本やDVDが見られるようになっています。
家から歩いていけるところもポイントです。トリートメントも綺麗にしてくれるので、かなり気に入ってます。
一番いいのは、カットが長持ちするところです。また席数も少なくてこじんまりしているところもいいです。
もちろん先ほどのような爪の長い気持ち悪い店員みたいな人はいなくて、気さくで清潔感のある美容師さんです。
値段はそんなに安くはないですが、満足できるところに行くのが一番ですね。

お客さんがどんな反応しているのか少しは観察してしゃべってください

通っていた学校の近くにお店があり、料金なども手頃で、ホームページがおしゃれだったので、一度カットしてもらってみようと入店しました。事前に予約していたので、席に着くまでは、待たされることもなくスムーズでしたし、美容室自体は広く、美容師さんの数も多く、活気がある印象でした。30~から40代くらいの、美容師さんにカットの希望を聞かれたので、希望の髪型の画像を見せました。短めのショートヘアだったと思います。美容師さんはその写真を見て、「その人の雰囲気というものがありますからねぇ~」と言ったのです。「あなたには、その髪型はおすすめしませんよ。もっと似合う髪型がありますよ」という意味かもしれませんが、言葉の発し方や表情も含めて、失礼な感じがしました。その日はちょうど、学校行事があったので、私はロングスカートにシャツという、コンサバというか大人しめに見える格好をしていたので、かっこいい印象のショートヘアが似合わないと思ったのかな、と思いました。画像のモデルさんは目鼻立ちのはっきりした美人でショートカットがとても似合っていて、こんな画像を持ってきてもそうはならないよ、と思われているのかなと恥ずかしい、とも一瞬思いました。しかし、美容師さんの話を聞きながら、周りの美容師さんの様子をこっそりうかがうと、ちょっと慌てた様子、こちらの表情を気にしている感じ、もしくはああまただよといった呆れ顔をしているように見えたので、やっぱり美容師さんの方の発言の仕方はちょっと雑なんだよなと思い直し、「この髪型がいい」と伝えて、その通りにカットしてもらいました。

美容師さんは「わかりました」とカットをしてくれましたし、カット自体に不満はありませんでした。カット中の雑談が、タメ口で、必要以上になれなれしく、マシンガントークで、ちょっと騒がしい感じがしてしまいました。わたしはかなりそっけない返事しかしていなかったと思いますが、美容師さんの話の調子は最後まで変わりませんでした。美容師さんは私よりだいぶ年上でしたし、フレンドリーな接客や会話を望むお客さんもいるのでしょうが、私はちょっと疲れてしまいました。

退店するときも、「また来てねー」という感じだったので、私は「ありがとうございましたー」といいつつも、「こちらの様子もちょっとは気にしてくださいよう」と言いたくなりました。自分に合う美容院で髪をカットしてもらうと、気分も軽くなるものですが、この美容室を出るときには、なんだか気分が重いなぁと思ってしまいました。今通っている美容室の美容師さんは、適度な距離感を持って、話したくなさそうなら無理に話しかけない、話すのが楽しそうなら話すというタイプです。おかげで、その美容院にはいつ行っても居心地がよく、ヘアカット後はスッキリした気分で帰ることができます。

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。